本屋大賞「鹿の王」の上橋菜穂子が受賞、2位3位は何が受賞? | TVおもしろ情報局

本屋大賞「鹿の王」の上橋菜穂子が受賞、2位3位は何が受賞?


Sponsored Link

2015-04-08_0011512015年の本屋大賞は上橋菜穂子さんの

「鹿の王」が選ばれました

「鹿の王」は大人のファンタジー小説

本屋大賞とは本屋の書店さんが

いちばん売れたい本を投票

2015年は全国461書店から580名から投票

 

それに通過したら二次投票もあり

こちらは286書店より432人の投票がありました

しかも二次投票ではノミネート作品を全て読んで

その中のベスト3を推薦理由もつけて投票というのだから

投票する方も大変ですね

 

気になる鹿の王のストーリーですが

自分の故郷を守るために帝国に戦いを挑む戦士団~独角~

そのリーダーであるヴァンは帝国に捕まり奴隷にされてしまいます

 

彼は岩塩鉱に囚われいたが、ある晩犬たちが襲ってくる

犬に噛まれた人間に謎の病が発生してしまう

 

ヴァンは隙を見つけ逃げ出すが

その時にかまどに隠れていた女の子を拾ってしまう

 

医術師のホッサルは懸命に謎の病気の治療法を探っていた

そんな二人が出会うとき激しくも美しい世界が展開していく

 

大人のためのファンタジー小説が今回受賞しました

上下2巻という長編ですがあっという間の面白さだそうです

 

大賞は「鹿の王」でしたが2位以降はどうでしょうか?

2位は「サラバ!」西加奈子 小学館

3位 「ハケンアニメ」辻村深月 マガジンハウス

4位 「本屋さんのダイアナ」 柚木麻子 新潮社

5位 「土漠の花」 月村了衛 幻冬舎

6位 「怒り」 吉田修一 中央公論新社

7位 「満願」 米澤穂信 新潮社

8位 「キャプテンサンダーボルト」 阿部和重・伊坂幸太郎

文藝春秋

9位 「アイネクライネナトムジーク」 伊坂幸太郎

10位 「億男」 川村元気 マガジンハウス

 

上橋菜穂子(うえはしなほこ)のプロフィール

生年月日:1962年7月15日

出身地:東京都

経歴

1989年「精霊の木」で児童文学作家としてデビュー

1991年「月の森に、カミよ眠れ」で翌年、日本児童文学者協会新人賞を受賞

1996年「精霊の守り人」を世に送り出しシリーズ化する

代表作「精霊の守り人」「獣の奏者」「鹿の王」

Sponsored Link

    

関連記事

    

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » TVおもしろ情報局

この記事へのコメント

TVおもしろ情報局 TOP » 未分類 » 本屋大賞「鹿の王」の上橋菜穂子が受賞、2位3位は何が受賞?