ドクター倫太郎 あらすじ1話と感想です、ただの癒されドラマではない | TVおもしろ情報局

ドクター倫太郎 あらすじ1話と感想です、ただの癒されドラマではない


Sponsored Link

2015-04-16_204318堺雅人が主演のドラマ

「ドクター倫太郎」が始まりましたね

堺さんのあの笑顔で癒された人も

多いのではないでしょうか?

今日はあらすじをおっていきたいと思います

 

 

ドクター倫太郎のキャスト・相関図はこちら

これは迷える子羊たちを救う一人のドクターのお話

日野倫太郎は1台の車に乗り込み

ある官僚の診察をしていた

 

ナレーション

「まずは患者の心に寄り添い共感する

今彼が求めている物(ここでは涙を拭くティッシュ)を

さりげなく渡すタイミングが大事だ

 

患者が心を顕にするとき

治療者は患者から視線を逸らしてはならない

 

場合によっては男同士でも優しく手を握る

診療時間は通常50分、

限られた時間で患者の心に寄り添い

こわばった心を一瞬でも、のほほんとさせるのが

私の仕事だ

IMG_0744.JPG

この世の中の人たちは誰でも

迷える子羊なのだ

そんな羊たちと共に歩む

この世界は果てしなく続く荒野だ

急ぐことはない、疲れたら休むがいい

だが仲間からはぐれたら危険だ

さあ、共に恐れず前に進もう

わたしはお前たちの味方だ」

 

倫太郎は街を歩いていると

飛び降り自殺をしようとしている

OL(ハリセンボンの春香)に出会う

IMG_0745.JPG

倫太郎はビルの屋上に行き彼女のそばまでやって来る

そして彼女と話をしようと隣までやって来る

女性が私と一緒に落ちて、と言うと

倫太郎は「わかりました」と言って

一緒に飛び降りた

 

下には救助マットが敷かれていた・・・

 

二人は助かった

倫太郎は腰が抜けて歩けなかった・・・

 

倫太郎は大学で講師をしている

そこへ記者がやってきて彼を追い掛け回した

病院で診察をしていると理事長との会食に誘われた

お座敷にいって緊張していると

売れっ子芸者夢乃の女将が接待に来た

理事長はその席で倫太郎に教授になるように勧めた

倫太郎は恐縮していた

 

倫太郎が酒に寄って家に帰ると水島が

ご飯は作って待っていた

そこへ妹の円がやってきた

お兄さんのサインをもらうためだ

そこへコメントも書くように言うとい倫太郎は

僕の好きなコメディアンは言っている

「名言は好きだが名言を言おうとしている奴は嫌いだ」

 

回想~高校生~

柵を登って自殺しようとする

「何をしようとしているの?」

「お母さんと・・・」

倫太郎を止めて

頬を打つ水島

 

先日助けた女性、阿川真悠子さんが病院に来てお礼を言った

お母さんは娘がなんであんなことをしたのか全然分からないと嘆いた

倫太郎は彼女と二人で話をしようとしたが

彼女は帰ってしまった

 

倫太郎はライバルの宮川教授に

椅子にくくられていた

ちょっと信じられない~~~~

おかしいけど

水島が様子を見に来て解放された

 

あきら(夢乃)のところへ電話が

自分から逃げられるなと思うなと

あきらは部屋に縮こまっていると女将が

薬を代わりに取りに行くように言われる

小さい声で答える夢乃

 

あきらは偶然、倫太郎のところへ薬を取りに行ったが

薬は本人でないと渡せないといわれる

倫太郎が夢乃だと気づき挨拶をしたが

彼女は記憶がないようだった

不審に思う倫太郎

 

夢乃がおケイコの帰りに謎の女が

来て彼女からお金を取っていった

何か事情がある様子

 

夜、倫太郎が桜の下を帰っていると

お酒によった夢乃が彼の前で倒れる

 

介抱する倫太郎だったが

彼は彼女がお酒を飲んでいないことを知っていた

「あなたは無理をしている、無理をしないでください

僕は何故だかあなたをそう感じるんです」

と話した

 

夢乃は

「ずっと一人でずっと寂しかった

先生、私と一緒に落ちてください」

とキスをした

倫太郎はびっくりしていると

彼女が会ってくださいと

お願いすると彼は頷いた

IMG_0746.JPG

このワンシーンは夜桜が綺麗で

とても素敵なシーンでした

夢乃もとても綺麗でした

 

 

阿川真悠子は会社でメールを受け取ると

何かにびっくりして倒れてしまう

救急車で倫太郎のいる病院に搬送される

この倒れるシーン春香さん頑張ったんでしょうけど

イマイチな感じでした・・・

俳優じゃないから仕方ないか・・・ 

 

彼女は倫太郎にもう自分はダメだと伝える

 

彼は彼女の上司に過呼吸になった時の事を聞いたが

上司はわからないという

 

真悠子は職場でいじめがあった

まゆこは仕事ができて、

みんなをユーモラスに盛り上げたりして人気者だった

上司が彼女を見込んでプロジェクトの責任者に抜擢したところ

 

そこから会社内でイジメが始まった

 

倫太郎は真悠子の手にある傷を見て

この傷はあなたが頑張ってきた証だと言った

色んなものから必死に闘ってきた証なんだと

 

倫太郎は氷を彼女の手に乗せた

あなたが闘ってきた悲しみは

例えばこんな感じなんです

 

「先生、痛い」

「氷が溶けるのを感じてください

あなたが手を傷つけた時より痛いでしょう

感じてください」

「この氷のように痛みは必ず去っていきます

そして傷ついたあなたの心も」

 

「教えてなんで私みんなに嫌われたの?

どうしたらよかったのかな?

わたし頑張るから教えてください」

 

「まゆこさん頑張らないでください。

あなたは十分頑張った

みんなはあなたに嫉妬しているんです

嫉妬はいつも正義の服を着てやってくる」

 

「嫉妬?こんな私に?」

頷く倫太郎

 

話をして癒された真悠子

またいつでも来てください

この扉はいつでも開いています」

 

 

夜桜を見ている倫太郎

そこへ夢乃がやって来る

 

彼は声を掛けるが、

夢乃は知らぬ人のように通り過ぎる

 

夢乃さんは何か重い秘密がありそうですね

夢乃さんに倫太郎は恋してしまうのでしょうか?

そうすると幼馴染の水野さんが可愛そうだな

彼女もきっと倫太郎が好きみたいだから

 

 

 

Sponsored Link

    

関連記事

    

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » TVおもしろ情報局

この記事へのコメント

TVおもしろ情報局 TOP » ドラマ » ドクター倫太郎 あらすじ1話と感想です、ただの癒されドラマではない