自転車の交通ルールが6月から変わります、新しく変わったことは何? | TVおもしろ情報局

自転車の交通ルールが6月から変わります、新しく変わったことは何?


Sponsored Link

2015-05-07_2131372015年6月から自転車に関する

交通ルールが変わりますよね

一体どこが変わるのでしょう?

そもそも皆さん自転車の交通ルール

(規制)って知っていますか?

私も毎日自転車に乗っている主婦ですが

車と違い自転車の交通ルールって

あまり知らないんですよね

大体知っているのは

自転車は左側通行とかですかね

今回は自転車の交通ルールについて調べてみました

 

自転車は道路交通法では「軽車両」となっています

ちゃんとした車両なんですね

そしてびっくりしたことがありますが

乗車人員ですが基本は運転者ひとりだということです

 

ただし、6歳未満の幼児なら16歳以上の運転者の場合は

前と後ろで二人乗車させることができるということです

もちろん幼児用の座席を設置した場合に限ります

 

また、運転者が幼児を1人子守バンド(おんぶひも)で

背負うなら運転可能だそうです

(この場合は自転車には1人しか乗せられません)

 

わたしは子供が3人年齢が近かったので

思いっきり3人自転車に乗せてました

今考えると危なかったですね

 

小学生を後ろに乗せたり、

学生同士の二人乗りはダメなんですね

 

乗ってはいけない自転車としては

夜間では前のライトが点かないもの

(危ないですからね)と

後部反射器材または尾灯がないものです

2015-05-07_213512

 

またブレーキが政府で定められている

基準に適合しない自転車です

競技とかに使われている

ノーブレーキビスト自転車はダメみたいですね

よく競輪の選手など一般道路で見かけましたが

一体競輪の選手はどこで練習するのでしょう?

 

次に自転車に乗る時の注意です

道路交通法によれば自転車は車両になるので

その交通規制に従わないといけないです

 

皆さん、一時停止の標識があるところはどうされてますか?

実はこの標識に自転車も従わないといけないみたいです

また見通しが悪いところでは標識がなくても

一旦停止をしないといけません

 

右折する場合は信号がある時は

前の信号に従い

斜め横断は禁止みたいです

原付バイクと同じルールですね

2015-05-07_214149

 

自転車は基本は歩道を走ることはできません

でも例外もあるみたいで

  • まず歩道に「普通自転車歩道通行可」の標識があるとき
  • 年が13歳未満や70歳以上の高齢者体が不自由な人は歩道を走ることができます
  • 道路工事などで道路の左側を走行できないとき
  • 車の交通量多くて道が狭く自動車と接触事故の危険があるとき

車道を走るときは道路の左側を走ります

自転車専用道路が両はしにあった場合でも左側の自転車道を走って

右側は走ってはいけないみたいです

(わたしは今まで走ってました・・・)

ところでヘルメットですが

自転車に乗る人もヘルメットを着用する義務はあるのでしょうか?

ヘルメットは子供は着用しないといけないみたいです

自転車の違反行為をまとめてみました

  • 自転車の二人乗りは禁止(ただし16歳以上の人が6歳未満の幼児を乗せるのは可)2万円以下の罰金
  • 携帯電話の使用禁止 5万円以下の罰金
  • 傘差し運転 5万円以下の罰金
  • イヤホーン等使用禁止 5万円以下の罰金
  • 夜間の無灯火運転 5万円以下の罰金
  • 並行運転2万円以下の罰金または科料
  • 歩道での歩行者妨害 2万円以下の罰金または科料
  • 酒気帯び運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金

雨の日は自転車傘立て器具をつけて傘をさすのは

注意が必要です

自転車の積載物の長さ及び幅の制限があって

それぞれ積載装置の長さ、幅に0.3mを超えないこと

高さは2mを超えないようにする必要があります

 

 

 

Sponsored Link

    

関連記事

    

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » TVおもしろ情報局

この記事へのコメント

TVおもしろ情報局 TOP » お役立ち情報 » 自転車の交通ルールが6月から変わります、新しく変わったことは何?